本文へスキップ

〒015-8543 秋田県由利本荘市川口字愛宕山1番1

TEL.0184-22-3219/FAX.0184-22-3220



ー・ー ー・ー ー・ー ー・ー ー・ー ー・ー ー・ー ー・ー ー・ー ー・ー ー・ー ー・ー ー・ー ー・ー ー・ー ー・ー ー・ー ー・ー

保護者の皆様へ

 平成26年度学校評価アンケートへのご協力ありがとうございました。ご多忙中にもかかわらず、多くの貴重なご意見・ご教示を賜りました。心より感謝申し上げます。

 アンケートの結果を公表し、保護者および生徒アンケートの結果が示している特徴的なことをご報告いたします。

 また、職員、学校評議員、同窓会、中学校、地域の皆様からのアンケート集計結果を併せて公表いたします。

【表の見方】

 「そう思う(4)」→「そう思わない(1)」まで、4〜1の値(重み)による平均値を求めて、それぞれの度数(%)を示しました。平均値で質問項目間の比較が可能になります。平均値は中間値の2.5が基準であり、2.5以上がプラス、以下がマイナスの評価になります。


【回収率】

  (1)生徒   97.1%     (2)保護者   94.2%  

  (3)職員   63.8%     (4)学校評議員 80.0% 


  (5)同窓会 100.0%     (6)中学校   85.7%


  (7)町内会   −

【保護者アンケートの結果について】

 1 学習指導に関して

  ・「生徒の学力向上に努めている」3.3 (全校生徒)

  ・「学校は生徒の学習活動を支援している」3.1(全校保護者)

生徒に普遍の真理や継承されてきた文化遺産を精確に伝え、視野を広げさせることは教育の根幹です。教職員はそのいくつかの職務の中で、教科指導における教材研究に最も多く時間を充てますが、本校の教職員も教材研究を最優先にし、「授業力の向上」を重点目標に掲げ、年度当初から研鑽を積んできました。今回のアンケート結果においては、キャリア教育の理念を根底において展開している普段の授業が生徒そして保護者の皆様に高く評価されましたことを大変うれしく思います。 

 2 進路指導並びにキャリア教育に関して

  ・「進路指導やキャリア教育に適切に取り組んでいる」3.2(全校生徒)

  ・「学校は進路指導に適切に取り組んでいる」3.1(全校保護者)

 本校では、就職を希望する生徒も毎年15%程度おり、進学だけでなく就職に対しても厚い指導を行っています。例えば、進学、就職に応じて、平日そして土曜、さらには長期休業中に補習を組むだけでなく、履歴書や志望理由書の作成、小論文(作文)や模擬面接等、きめ細やかな指導を心掛けています。さらに、85%以上を占める進学希望者の受験先は4年制大学を筆頭として、短期大学、医療系専門学校、専門学校と多岐にわたりますが、校種に応じた受験対策を講じています。

 今回の結果は進路指導部と各学年部が協働して組織として生徒一人一人に対応する進路指導態勢に対して、生徒並びに保護者の皆様からご理解とご協力をいただいていることを示しています。

 

 3  生徒指導と「いじめ防止」について

  ・「整容、挨拶、マナーなどの生活指導が適切である」3.2(全校生徒)

  ・「学校は生活指導に適切に取り組んでいる」3.1(全校保護者)

  ・「学校はいじめ防止に適切に取り組んでいる」2.8(全校保護者) 

85.8%の生徒と89%の保護者の皆様が本校の生徒指導部の指導を肯定的に捉えています。また、生徒の自己評価においても「マナーやルールを守っている生徒が多い」3.1であり、85.7%の生徒が由利高には規範意識の身に付いた生徒が多いことを誇っています。しかしながら、生徒指導(生活指導)の範囲である「いじめ防止」の項目に関しては、保護者の27%方が否定的な回答を示しました。この一因としては、情報発信の不足があげられます。次年度は「いじめ防止」に関連した生徒会活動や委員会活動並びに生徒指導部企画の集会や講演会の内容等に関して積極的に情報提供していきたいと思います。

 

 今年度は、上述しましたように、学習指導並びに進路指導に関しまして高い評価を頂きました。しかしながら学力の向上と進路の達成に関しては、数値に期待値が加わっていると判断します。現状の評価というよりもむしろ卒業時に生徒一人一人が夢を叶えていることを保護者の皆様並びに生徒が念願していることが表面上の評価の高さに繋がっていることを銘記したいと思います。次年度は今年度よりも良い結果なるよう身を引き締めて両分野に取り組んでいきます。

 一方、教育内容や教育活動に関する地域住民の方々や保護者の皆様への情報提供不足や広報活動の不活発さを多くの保護者の皆様から指摘されました。また、図書館の蔵書の増加と利用時間の拡充を望む生徒の数も昨年同様に多くなっています。

 保護者の皆様並びに生徒の指摘や要望を真摯に受け止め、早急に改善を図りたいと思います。今後とも由利高校のさらなる発展のために一層のご理解とご協力を賜れば幸いです。

 

学校評価アンケート

生 徒  教職員  中学校  地域住民  学校評議員  同窓会  保護者

 

 

 

自由コメント欄より

*生徒から

 ・生徒一人ひとり責任感を持っているのが良い。

 ・学習と部活動が充実している。

 ・部活動の大会と生徒会行事が重なる。

 ・教室の暖房設備を整えて欲しい。

 ・教師の整容や挨拶を向上するべきだ。

 ・緊急連絡メールが遅いときがある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*保護者から

 ・進路相談での担任の先生が親身になって三者面談をしてくれた。有り難かった。これからも
  学校と先生に相談しながら進路決定していきたい。

 ・部活動の活動時間や顧問の指導方法の改善を望む。

 ・学校生活に関する情報提供を増やして欲しい。

 ・子どもが怪我をした際に、エレベーター、車椅子用トイレ、車椅子用駐車スペースなどの施
  設が充実していて助けられた。養護教諭や事務の方々にもよく配慮していただいた。

 ・部の顧問が三年間替わったが、もっと系統的な部活動の指導があればよい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*地域住民から

 ・硬式野球部の地域貢献(除雪ボランティアや清掃等)に感謝している。

 ・男子生徒の心遣いが見える。挨拶や返礼等、社会生活に前向きに取り組んでいる。女子生徒
  も元気よく爽やかな朝の挨拶をしてくれるので、防犯パトロールもやりがいがある。

 ・登校時の様子や挨拶などについてもう少し指導が必要である。

 ・自転車の乗り方やぶつかりそうになった相手への対応の仕方に指導が必要である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*中学校から

 ・本校を卒業した由利高校生が来校した際のあいさつや態度を見ると、指導が徹底されている
  と感じる。

 ・気になるような生徒を見かけることがないので、よく指導されているのではと思う。本校で
  は、進学先として人気の高い学校である。

 ・昨年秋、英語の研究授業を参観し、どの生徒も意欲的に学ぶ姿に感心した。男女共学の自然
  体の学びの姿は、日ごろの授業の取組の成果を象徴しているものと確信した。